教育研修制度

教育研修制度の概要

 新卒看護師研修委員会のもと、3年間プリセプター制で指導します。個々の成長段階やペースにあわせた研修をおこないながら、先輩ナースとともに学び、成長していくことを大切にしています。また、職場のみんなで新卒ナースの成長を支えることも大切にしています。

■1年目研修概要■


新卒看護研修委員会のもとで

3年間プリセプターで行います
1年目 4〜6月
到達目標 オリエンテーション・研修の概要
○職場にて適応できる
○日常業務の流れを知る
○病院の医療と看護の概念を知る
○社会人・医療人としてのマナーを見につける
○他部門との業務に触れ、自分自身の職場を関連づけ理解する
○病院・病棟オリエンテーション
○看護業務の理解
 共通技術マニュアルに沿った実践
 看護記録・看護計画の実践
○基本的な看護技術を所得しベットサイドケアが一人でできる
○共同組織を理解する
○プリセプターとの面接(5月末)
○研修目的に沿ったレポート


1年目 6〜9月
到達目標 オリエンテーション・研修の概要
○患者の変化をとらえた看護
○チームの一員としての業務ができる(基本ケア・治療サポート)
○安全に留意して看護が展開できる
○一般的な処置・検査の介助ができる
○必要な情報をリーダーに報告できる
○夜勤業務に必要な知識・技術を身につける(準夜勤)
○受け持ち患者を持ち情報収集し、看護計画の立案・実践・評価を学ぶ
○緊急時の流れを知り、対応が理解できる
○医療機器の使用法が理解できる
○受け持ち患者のサマリーの指導を受け、書くことができる
入院体験(レポート)
夜勤業務のオリエンテーション
 指導を受け、準夜勤務の開始
○外部研修の参加
 県看護協会・フレッシュナース・ジャンボリーへの参加
○プリセプターとの面接(夜勤開始前)
○研修目的に沿ってレポート


1年目 10〜3月
到達目標 オリエンテーション・研修の概要
○患者の様々ま生活背景をとらえる事ができる
○「患者の立場に立つ看護」を理解しチームの一員として展開できる
○民主的集団医療について学ぶ
○症例研究に取り組み発表できる
○2年目に向けて課題を明らかにする
○日常の業務を正確に実施でき、メンバーの一員として自立できる。
○退院指導に関わり、指導のもと退院指導が実践できる
深夜勤業務が行える
○医療活動発表会に参加する
症例研究発表に取り組む
 11月症例研究オリエンテーション
 2月原稿提出 3月発表
○健康まつり参加
○プリセプター・師長と面接
○1年間の獲得目標に沿ってレポート

■2〜3年目研修概要■


1 研修目的
 @ 基礎看護技術を習得するために病態を重視して学ぶ
 A 看護技術が裏付けを持って実践できる
 B 民医連の「民主的集団医療」の構成員の1人として看護師の役割と連携を主体的に学ぶ
 C 卒3はリーダー業務ができる(リーダー研修を修了する)

2 研修レポート
 @ 「心に残った患者様」の退院後訪問を通して入院中の患者・家族の思いを知り患者の見方とらえ方を深める
 A 「心に残った患者様」の医療調査を通して患者負担のシステムと社会資源の活用を理解する

3 具体的研修内容
 @ 協同組織の関わり(地域の班会・健康相談会・ピースフェスタ・健康祭り)など
 A 訪問看護ステーション研修 5日間
ケース検討において事例報告(まとめた事例報告)


TOP

先輩ナースの声


 2階病棟看護師 山本 愛美
 済生会看護専門学校卒(2009年)


 今年の4月から三島共立病院2F病棟勤務になりました。
 看護師としてまだまだ足りない所があるかと思いますが、患者様のためにできることを精一杯させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



 2階病棟看護師 佐藤 郁実
 県立東部看護専門学校卒(2012年)


 看護師として働き始めて一年が経ちました。
 入職当初は、緊張の毎日でなかなか患者様に積極的に関わることが出来ず、先輩方の対応の仕方や行動を真似し探りながらの日々でした。
 しかし、先輩方が気さくに話しかけて下さったり困っている時には声をかけてくれた事で、今では楽しく働くことが出来ています。
 まだまだ患者様やご家族との関わり方や技術は未熟ですが、信頼関係を築き、ちょっとした事でも頼ってもらえるような看護師になれるように日々努力していきたいと思っています。


 2階病棟看護師(2012年卒)

 いつも患者様からいろいろなことを学ばせていただいています。
 これからも日々勉強することを忘れず、そして初心も忘れずに頑張っていきたいです。







医師からのメッセージ


院長 齋藤 友治

 看護学生・既卒看護師の皆さんへ

 日々の勉学や看護業務にお忙しくされていることと思います。私たち三島共立病院は「医療は医療者と患者・地域住民の共同の営みである」という理念を掲げ、日夜医療活動や地域の健康を守る保健活動に取り組んでいます。
 病院で行われているカンファレンスは医師−看護師だけでなく、理学療法士、ソーシャルワーカー、薬剤師など多職種参加を基本とし、患者さんに寄り添った医療やケアを提供する体制が整っています。
 そして超高齢社会を迎えた現在、整形疾患や悪性疾患(がん)などへの医療体制は重要な課題です。
 当院では近隣病院との連携を密にし、当院の最大の強みである在宅医療も含め亜急性期〜慢性期まで一貫して患者さんを支える姿勢にこだわった病床体制をとっています。
 在宅往診患者様は200名を超え多くの地域住民の皆さんや周辺医療機関からの信頼を頂いています。
 静岡県東部地域では総合病院・夜間救急体制を含めまだまだ医療体制は不十分ですが、その分我々地域の中小病院が力と知恵を絞り、地域に寄り添う医療ケアが不可欠です。
 ぜひ、「患者さんに寄り添う看護師になりたい」「在宅医療を勉強したい」そんな皆さんをお待ちしています!一緒に地域の医療を守り、地域から信頼される病院を作りましょう!

TOP
 Copyright(C)2002-2009 Mishima Kyoritsu Hospital all rights reserved.