病院概要

■ 患者様が中心という考え  ■ 患者様の権利を最大限に考える 
■ 施設基準・沿革  ■ 地域の住民が作った病院

患者様の権利を最大限に考える 

患者様の権利章典 2004年1月21日制定

私たちは、安全・安心・信頼の医療を、患者様と医療従事者の「共同の営み」として継続・発展させていくために、ここに「三島共立病院 患者様の権利章典」を定めます。

患者様が自分の命や健康にかかわる医療情報を共有し、医療に主体的に参加することは、医療には必要不可欠なものとなっています。
私たちは、健康や福祉を妨げるあらゆる問題を共同の力で克服し、真に患者様の立場にたった医療を実現するために「三島共立病院 患者様の権利章典」を日常医療に生かします。


患者様の権利

 

■医療を受ける権利
患者様は、いつでも必要かつ充分な医療サービスを受ける権利があり、また医療保障の改善を国や地方自治体に要求する権利を有します。

■知る権利
患者様は、自己に関する医療情報(病名・病状・診療計画・予後・薬の名前や副作用・必要な経費など)について、納得できるまで説明を受ける権利を有します。

■自己決定権
医療情報の説明を受け納得し、理解した上で、自らの意思に基づいて治療方法に同意・選択・拒否する権利を有します。

■プライバシーに関する権利
患者様は、個人の秘密や医療に関する個人情報を保護され、私的なことに干渉されない権利を有します。

■学習する権利
患者様は、病気やその療養方法および社会保障制度(保健予防・医療・福祉制度)などを学習する権利を有します。

 Copyright(C)2002-2009 Mishima Kyoritsu Hospital all rights reserved.